品格ある質感。最上級の超長綿「スーピマ100%」

品格ある質感。最上級の超長綿「スーピマ100%」

広大なアメリカで生産されるコットンのうち、わずか頂上3%。超長綿「スーピマ」は文字通り、アメリカが誇るNo.1コットン。普通のコットン品種との違いは、繊維の長さ。綿花をほぐして揃え、紡いで糸にするコットンは、繊維が長ければそれだけ毛羽が出にくく、肌当たりが柔らかに。通常のコットンは25mm程度だが、超長綿は35mm以上あるという。さらに、強くなめらかで、毛玉になりにくく、発色が美しいという特徴も備える。