FREE SHIPPINGオンラインショップ限定全品送料無料!7月31日(月)まで

ホームページ > こども絵画コンテスト > 朝日新聞「子ども広告」について

朝日新聞「子ども広告」について

「子どもの日」だから 子どものえで「子ども広告」。

「子どもの日は、読者が楽しく笑顔で見られる紙面を日本中に届け、日本を明るくしたい」。
その考えのもと、朝日新聞社が立案した「子ども広告」。
そして2012年5月5日、実際に子どもたちが作った広告が、朝日新聞の紙面を彩りました。
元気で、無邪気で、伸び伸びとした広告には、読者からの反響も大きく、電話や手紙のほか、ツイッターやフェイスブックでも、大きな反響を呼びました。

「明るい話題をつくり日本を元気づける」「子どもの未来を応援する」という、朝日新聞社の趣旨に賛同し、昨年からは、私たちランズエンドも参加しています。
こども絵画コンテストで大賞に選ばれた作品を、ランズエンドの子ども服の広告として「子ども広告」に掲載させていただきます。

子ども広告サンプル

※サンプルでは広告掲載用に文字が入っていますが、
応募作品内に文字は書かれないようお願いいたします。