お手入れガイド

よくあるお問い合わせ

1. ダブルジッパーの開閉につきまして

襟元と裾の両方を開けることができる「ダブルジッパー」は、ファッション性および機能性に富んだものです。裾を開けると身体の動きが妨げられず、服のしめつけ感も解消され、着心地が快適になります。ダブルジッパーの特性上、使用当初は取り外しにくい場合もございますが、数回のご使用とともに滑らかに開閉できます。

ジッパーを開ける時

上下のスライダー(ジッパー引手部分)を裾まで下げて、2つのスライダーをずれないようにしっかり合わせた状態で、製品の左前身頃の下端をやや斜め上(外側方向)に向けて引き上げます。ランズエンド製品のジッパーは、ほとんどが「左挿し」となっております 。

ジッパーを閉める時

上下のスライダーを裾まで下げて、2つのスライダーをずれないようにしっかり合わせた状態で、蝶棒(左前身頃ジッパーの最下部)をスライダーの根元までしっかりと挿し込み、上のスライダーを引き上げて閉めます。

○ 根元までしっかりと差し込んである状態

× 途中までしか挿し込まれていない状態

2. ロールアップ商品

袖やパンツの裾を伸ばす、または丸めて(ロールアップ)2通りの着こなしができる商品は、片方の袖やパンツの裾をロールアップしてお届けしている場合があります。
そのようなお届けの状態は日本ではあまり見かけませんが、他のお客様が着用して返品された物ではありませんので、ご安心ください。ランズエンドでは、お客様に2通りの着こなしができることをご案内するためにこのような形状でお届けする場合がございます。

3. パッカブルレインジャケットのたたみ方

1

後身頃を上にして、メッシュポケット袋の中に手を入れ、外側に引き出す。

2

後裾をポケットに入れる。

3

前身頃が上になるようにひっくり返し、ポケットの幅に合わせて左右にたたむ。
(この時に前裾もポケットに入れる。)

4

フードから手前に丸め、ポケットに入れる。

5

ポケットの中で形を整え、マジックテープを閉じる。

4. ポケットのしつけ糸について

ランズエンドではジャケットなどのポケットが開かないように縫い付けています。
これはお客様のお手元に届くまでの間に型崩れしないように、仮縫いをしているものです。
しつけ糸がやや強めに縫われているため、本縫いされていて外してはいけないようにも見えますが、しつけ糸は外せますのでご安心ください。
外し方は、しつけ糸が縫い付けてあるポケットの端の内側部分と身頃部分をそれぞれ左右の親指で押さえて引っ張ります。しつけ糸が引っ張られて、緩んできますので、そこを糸切りばさみなど先の細いはさみでカットしていきます。生地を傷めるので、無理にポケットを引っ張るのはおすすめしません。またカッターナイフは、誤って生地を切ってしまう場合があるので、使用しないでください。

5. 刺しゅうのワク跡

刺しゅうを入れる際に、刺しゅう枠を使用しています。そのため、商品がお手元に届いた時に、刺しゅう枠の丸い跡が付いている場合があります。出荷の前にはスチームを当てて、除去しておりますが、特に紺や黒などの濃色の場合は、まれに残ってしまっていることもあります。
一度お洗濯をしていただければ消えます。