ファッション用語辞典

色、素材、加工などのファッション一般用語から、ランズエンドのアイテムに関する用語まで。インターネット・ショップやカタログの商品説明に出てくる用語を分かりやすく解説します。

シューズ用語

アウト・ソール

靴底のこと。靴の外側で地面に直接触れる部分で、タンニンなめしの牛革、合成ゴム、ポリウレタン樹脂などが用いられる。表底(おもてぞこ)、または本底(ほんぞこ)ともいう。

アッパー

靴の上部(底とヒール以外の、足の甲をおおう部分)のこと。<上部の><さらに上の>という意味。アッパー・レザーとは、アッパーに用いる皮革のことをいう。

アンクル・ブーツ

足のくるぶしがかぶるぐらいの深さのブーツのこと。2鳩目から3鳩目でひもを結ぶタイプのものや、ファスナーまたはバックルを用いるものもある。

EVA

エチレン・ビニル・アセテート(Ethylene vinyl acetate)という合成発泡プラスチック素材名の略語。ごく軽量で靴のソールに使用される。

インソール

ソールは<足の裏>、<靴の底>のことで、インソールは足の裏が直接触れる、靴の内部または内側の靴底のことをいう。また歩くのに楽なように、靴の内側におく敷皮あるいはフェルトのこともいう。

ウィング・チップ

靴のつま先部をW字形に切り替え、飾り縫いなどを施したつま先のデザイン。おかめ飾りともいわれる。

ウェッジ・ソール

くさび形の靴底のこと。一般に船底形ともよばれる。つま先に比べてかかとのほうが高く、土踏まず部分も地面に平らに接地し、かかと部からつま先へ続いた側面から見るとくさび形をした底。

エスパドリーユ

甲はキャンバス地で底にジュート麻のロープ・ソールをつけたサンダルのこと。フランスの民族的履物が由来。リゾート用に用いる軽いサンダル。

オックスフォード・シューズ

紐で結ぶ短い靴の総称で、紳士靴のもっとも代表的なスタイル。17世紀中ごろ、英国のオクスフォード大学の学生が長いブーツのかわりに履いたことから名付けられた。現在ではレディス、キッズ用もある。

クレープ・ソール

表面が波状すなわち、クレープ(ちりめん)のようになったゴム底。薄い黄色味や、薄茶色の色で、天然ゴムのものと合成ゴムのものがある。

クロッグ

木靴の一種で、木や厚いコルク底に革や布の甲をつけたサンダル状のものや、サボのことをいう。また最近では、ひもも締め具も用いずに足を滑り込ませて履くタイプのサンダルを総称してさすこともある。

コルク・ラテックス

フットベット(靴の中底)に使われる合成素材。天然コルクと、天然ゴムの木から抽出されたラテックスを結合させて作る。スエードに覆われたコルク・ラテックスの中底は、足の形にフィットし、快適性とサポート力に優れている。

ストラップ・サンダル

甲の部分に細いひもがついて足首まで巻くようなタイプのサンダル。

ストレート・チップ

チップとは<先端>の意味で、靴の先端に横に切り替え線が入ったデザインの靴の形、あるいはつま飾り革のことをいう。俗に「一文字」ともよばれる。

スリッポン・シューズ

ひもも締め具も用いずに足を滑り込ませて履く靴。短靴の形式で甲の履き口にゴムを縫い込んだものもある。

ソック・ライニング

インソール(中底)に敷かれた、靴の中敷のこと。クッション性や衝撃吸収性のある素材でつくられる。

タン

甲のひも締め部分の裏につけられている砂よけ革のこと。

チャッカ・ブーツ

くるぶしが隠れるくらいの深さで、2対のひも締め用の鳩目がある、スポーティなタイプの靴。よく山羊のなめし革でつくられる。ポロの試合時間の区切りをchukkerといい、ポロ競技用の靴に似ていることからつけられた名称といわれる。

デザート・ブーツ

足のくるぶしの上までかぶる2?3鳩目でひもつきのブーツ。甲は牛の裏出し革(ベロア)を用い、底はラバー・ソールになっている。デザートとは砂漠の意味で、英国のメーカーの商品名より広まったもの。

デッキ・シューズ

ヨットやボートのデッキの上で滑らないように、底面のゴムに切り込みがある靴のこと。甲は水にぬれても丈夫なオイル・レザーなどを用いたモカシン・タイプのひもつき浅靴。

ドライビング・シューズ

車の運転用に開発された、柔らかく、軽い、モカシン・タイプの靴のこと。ペダルのふみ間違えなどスリップを防ぐため、ソールの表面に小さな突起がつけられている。

ハイキング・シューズ

ふくらはぎまでの長さの編み上げ長靴。長靴だが、一般にシューズといいならわしている。靴底がかたく、低いヒールで、防水加工してあるものが多い。

バルカナイズド製法

クラシックなスニーカーの製法。アッパー部分とゴムソールを加熱し、加硫圧着しながら成型する方法。

ミュール

足をすべり込ませて履く、かかとを固定するストラップがないサンダル。

モカシン

靴の甲の部分をU字形に切り替えた靴のことで、もと北アメリカのインディアンがはいていた靴の型。ヒールがなく、底皮が表に返って甲革とU字形に縫い合わされている。一般的に、柔らかい革でつくられている。

ライディング・ブーツ

乗馬用の深靴のこと。膝下まである長い靴から、くるぶし上の足首までの形式のものまである。かかとに拍車をつけることができる。

ラグソール

靴底に深いギザギザの凹凸がついた底を指す。丈夫さと摩擦力が特長でハイキングシューズや作業用シューズなどに使われる。

ラバー・ソール

天然ゴムや、合成ゴムでつくられた靴底の総称。天然ゴムのものはクレープ状で柔らかいが油に弱い。合成ゴムのものは、軟質のものや、硬質で革のようなものまであり、滑りにくく耐久性がある。

レース

靴ひものこと。レース・アップ・ブーツとは、前か側面のどちらかでひもで締めるようになったブーツのこと。

ローファー

つま先がモカシン・タイプのスリッポン・シューズの一種。ひもやバックルがなく簡単に履けるため、無精者にむいているということからローファー(なまけものの意)という名がつけられた。

ワーク・ブーツ

作業用の靴、くるぶしより深い編み上げ靴タイプのものが多く、つま先は太く、厚手の牛革が用いられ、底は合成ゴムが用いられている。最近では作業用のほかに、カジュアル用にも使われている。

ワラビー

ワラビーとはカンガルー科の動物の名で、モカシン形の靴につけられたメーカーの商品名からひろまったもの。つま先はオブリーク(斜角)で二つ鳩目のひも結びタイプのブーツ、または短靴で、底には天然ゴムのクレープ・ソールがつけられている。