「ランズエンド・ジャケット」

―― 伝統素材が心地よく革新。本格仕立てが軽やかに進化。――

“品格”を選ぶ時も、“快適”が欲しい時もある、
多様な大人世代に応えるために…。
この秋冬のランズエンド・ジャケットは、実に多彩に革新・進化。
凛と装う、洒脱にくつろぐ、共に思いのままのコレクション。
さあ、自分らしさを解放する、次の一着選びへ。

秋のジャケット・キャンペーン「キャンバス・オフィサー・バッグ」プレゼント実施中! 「ランズエンド・ジャケット」

「ランズエンド・ジャケット」

良いジャケットの証――柔らかな“立体感”。名門ファクトリーの丁寧な仕立てで実現。

肩から首への“のぼり”
肩先から首元へ吸い付く曲線。すべてのパーツに、最適な立体感を出すことを計算しつつ縫い合わせることで、自然な一体感が生まれる。

胸と襟のボリューム感
男らしい逞しさを印象付ける、立体的なふくらみのある胸のフォルム。

ナチュラルな肩の丸み
袖山が、不自然に盛り上がらず肩とひとつに。袖側に細かく“いせ”(縮み)を入れながら縫っている。腕が動かしやすくなる利点も。

肩甲骨を包む立体感
エレガントな後姿と、窮屈感のない着心地をもたらす背中の曲線。平らな布を立体的にする高い縫製技術と、アイロンがけの妙技で実現する。

腕の形に沿った前振袖
自然な腕の付き方に沿うよう、なだらかに前方向に流れる形に。腕を下ろしている時も、動かす時も、ナチュラルに包み込む。

良いジャケットの証ーー柔らかな“立体感”。名門ファクトリーの丁寧な仕立てで実現。

本格テーラード仕立て

品格あふれる着姿を演出する、
総裏、肩パッド付きの、構築的な作り。

胸に「キャンバス芯」採用

芯地には、扱いやすい簡易な接着芯と、接着させずに素材から浮かせて留めるものがあり、後者が本格派。「キャンバス芯」もそのひとつで、もちろん仕立ても難しい。表地に接着していないため、素材の柔らかな風合いを潰すことなく、芯の持つ弾力性で内側から自然なボリューム感を出せる。胸への馴染みもいい。

贅沢なお台場仕立て

表地を贅沢に使った見返しのお台場仕立て。型崩れを防ぐ本格的な作り。裏地との境にパイピングとトップステッチを施した、小粋な意匠もいい。内ポケットも豊富に、左右で4つ装備。

本格テーラード仕立て

「ムーン・ツイード」

一点投入で、装いが極まる。“決め”のジャケット理想形。

今年は2つの『美柄』で着映える。本格英国ツイード「MOON」。

1837年創業の英国ツイードの老舗、「MOON」社から。“本格派”に薦めたい、存在感あふれる2タイプの『美柄』が到着。一点で着こなしの印象がぐっと高まる、頼れるクオリティだ。100年を超える「MOON」社の伝統の上に培われた、本物の英国ツイードが醸す味わいが、紳士の装いを気持ちの上からも高めてくれるだろう。

なめらかなウーステッド・ウールで織り上げた、日本の気候でも着こなしやすい素材感。多色を使いながらも、落ち着きのあるクラシックな表情のガンクラブ・チェックで、「MOON」社の色使いの巧みさが光る。

グレー×ネイビーの、濃淡のチェック柄がシャープに映えるシェパード・チェック。モダンな印象に仕上がっている。また、ラムズウール100%を使った、ざっくりとした風合いが特徴。秋冬らしい温もりがあふれる。

「ムーン・ツイード」

「ムーン・ストレッチ・ツイード」

英国ツイード「MOON」が進化。時代が求める、この着心地。

旅の友に決定。着疲れない、『ストレッチ・ツイード』の快適。

伝統、という言葉が似合う英国ツイードの新展開。『ストレッチ・ツイード』――歴史とテクノロジーが融合した、まさにアクティブな現代的紳士にふさわしいこの素材は、ぜひ旅の一着として薦めたい。従来のツイードより薄く軽やか、起毛も控えめで、活動を妨げない快適な着心地。シンプルな色調ゆえ、プライベートな休暇にも、ビジネス出張にも似合う。

出張で

同素材のパンツと合わせて、セットアップで。 長時間の移動でも苦にならない着心地。

休暇で

柔らかなニットを合わせて。心地よく、また、格式あるホテルにもふさわしい顔立ちに。

「ムーン・ストレッチ・ツイード」

アンコン・テーラード仕立て

ふわりと心地よく羽織れる、
身頃裏、肩パッドなしの、軽やかな作り。

大見返しと肩裏で端正に

身頃裏を省きつつ、前身頃には表地を贅沢に使った大見返し付き。フロントの形を美しく保ち、軽やかさと、端正な表情を両立する。さらに肩パッドの代わりに、表地の肩裏付き。柔らかいが、肩が貧弱にならない。

内側まで丁寧な作り

見えても美しいように、表地の縫い代部分は、きれいに折り込んで始末。内ポケットも左右で3つ、しっかりと装備。また、袖のみ腕を入れやすいよう裏地付き。

アンコンテーラード仕立て

「ムーン・ニット・ツイード」

まるでカーディガン! 英国老舗の、しなやかな遊び心。

大人の男を甘やかす。このツイード、実は『贅沢ニット』。

ひとたび袖を通せば、今までにない着心地の驚く、このツイード。素材の出自は、確かに英国「MOON」。しかし、セーターの如き柔らかさ。そして、顔立ちは凛々しいテーラード。その効能は……紳士たちに、とことん甘やか。格調高い着姿の内側で、ふわりと優しさで包み込む。肩の力を抜いて装いたい、そんな日にうってつけの一着だ。

ニット素材をこのように軽やか、かつ上品に仕立てるのは非常に難しいもの。高度な仕立て技術も、このカーディガンのような心地よさの実現に、大きな役割を担っている。

「ムーン・ニット・ツイード」

「ウールハニカム」

新設計とこだわり素材で、フワリと変身。お堅いイメージを覆す!

真面目で、軽い。ラクに付き合える『アン紺ブレ』。

「アンコン仕立て」の「紺ブレザー」、だから「アン紺ブレ」。コーディネート力は抜群、しかしどこか生真面目な男服の一番手、ネイビーブレザーを、とことん心地よくアレンジ。ふっくらと空気を含んで柔らかなウール・ブレンド素材を採用し、軽やかな仕立てに。体に馴染むような、しなやかな着心地が、ジャケット・スタイルの堅苦しさから開放してくれる。

コン

とろけるような肌触りのウール・ブレンド糸を、ハニカム(蜂巣)織りに。蜂の巣のような格子型の凹凸感があり、表情豊かでふっくらと暖かい。

「ウールハニカム」

「ウールヘリンボーン」

パッと羽織るだけで安心の一着。今年らしい選択は?

ON&OFFジャケット、『ソフト・ヘリンボーン』が新鮮。

仕事では上品に。休日は気楽に。目立ち過ぎず、程よく洒落感もあり、着回しやすく。そんな欲張りに応える、ON&OFFジャケットはこれ。ポイントは、ある時は無地感覚で着こなせ、組み合わせ次第で柄の個性が引き立つ、絶妙なトーンのヘリンボーン柄。珍しいメキシコ産ウールの、ブランケットのように心地よい軽やかさも魅力的。

シックなグレー系のシャツに、ボルドーのニット・タイ。仕事の場にふさわしい、落ち着いた色合わせ。

「ベッドフォード・リブ」を重ねて。色の組み合わせも楽しげな、温もりあふれる休日スタイルに。

メキシコのウール・メーカー「NOVALAN」。
先進の技術を取り入れた、上質な素材作りに定評がある。

「ウールヘリンボーン」

ソフト仕立て

カジュアルなシーンにも、
惜しみなく着られる、軽い仕立て。

軽快、かつ美しく便利に。

身頃裏なし、肩パッドなしで、シャツ感覚の気軽さに。ただし、生地端は丁寧にパイピング始末。脱いだときにも美しい。内ポケットは左右で4つ装備。また袖のみ、腕を入れやすいよう裏地付き。

ソフト仕立て

「ウールニット」

端正ジャケットに見えて、実はカーディガンの着心地。

ふわりと羽織るだけで、決まる。『気楽ニット』を毎日に。

愛用のチノやデニムと合わせていつでも、気軽に。伸びやか、かつ適度なコシのあるダブルフェイス・ニットを使って、ややカジュアルな仕立てでまとめた一着。さっとカーディガン感覚で羽織るだけで、普段のスタイルが洒脱にまとまる、使い勝手のよさがいい。
デイリーに惜しみなく、ジャケット・スタイルが愉しめる。

気遣いのいらない、ニット素材ならではの快適な伸縮性が魅力。ダブルフェイスのため、裏側の色が違うのも面白い。

「ダブルニット」

「ランズエンド・ジャケット」

―― 伝統素材が心地よく革新。本格仕立てが軽やかに進化。――

“品格”を選ぶ時も、“快適”が欲しい時もある、
多様な大人世代に応えるために…。
この秋冬のランズエンド・ジャケットは、実に多彩に革新・進化。
凛と装う、洒脱にくつろぐ、共に思いのままのコレクション。
さあ、自分らしさを解放する、次の一着選びへ。

「ランズエンド・ジャケット」

「ランズエンド・ジャケット」

良いジャケットの証――柔らかな“立体感”。
名門ファクトリーの丁寧な仕立てで実現。

肩から首への“のぼり”
肩先から首元へ吸い付く曲線。すべてのパーツに、最適な立体感を出すことを計算しつつ縫い合わせることで、自然な一体感が生まれる。

胸と襟のボリューム感
男らしい逞しさを印象付ける、立体的なふくらみのある胸のフォルム。

ナチュラルな肩の丸み
袖山が、不自然に盛り上がらず肩とひとつに。袖側に細かく“いせ”(縮み)を入れながら縫っている。腕が動かしやすくなる利点も。

肩甲骨を包む立体感
エレガントな後姿と、窮屈感のない着心地をもたらす背中の曲線。平らな布を立体的にする高い縫製技術と、アイロンがけの妙技で実現する。

腕の形に沿った前振袖
自然な腕の付き方に沿うよう、なだらかに前方向に流れる形に。腕を下ろしている時も、動かす時も、ナチュラルに包み込む。

良いジャケットの証ーー柔らかな“立体感”。名門ファクトリーの丁寧な仕立てで実現。

本格テーラード仕立て

品格あふれる着姿を演出する、
総裏、肩パッド付きの、構築的な作り。

胸に「キャンバス芯」採用

贅沢なお台場仕立て

本格テーラード仕立て

「ムーン・ツイード」

一点投入で、装いが極まる。“決め”のジャケット理想形。

今年は2つの『美柄』で着映える。本格英国ツイード「MOON」。

1837年創業の英国ツイードの老舗、「MOON」社から。“本格派”に薦めたい、存在感あふれる2タイプの『美柄』が到着。一点で着こなしの印象がぐっと高まる、頼れるクオリティだ。100年を超える「MOON」社の伝統の上に培われた、本物の英国ツイードが醸す味わいが、紳士の装いを気持ちの上からも高めてくれるだろう。

なめらかなウーステッド・ウールで織り上げた、日本の気候でも着こなしやすい素材感。多色を使いながらも、落ち着きのあるクラシックな表情のガンクラブ・チェックで、「MOON」社の色使いの巧みさが光る。

グレー×ネイビーの、濃淡のチェック柄がシャープに映えるシェパード・チェック。モダンな印象に仕上がっている。また、ラムズウール100%を使った、ざっくりとした風合いが特徴。秋冬らしい温もりがあふれる。

「ムーン・ツイード」

「ムーン・ストレッチ・ツイード」

英国ツイード「MOON」が進化。時代が求める、この着心地。

旅の友に決定。着疲れない、『ストレッチ・ツイード』の快適。

伝統、という言葉が似合う英国ツイードの新展開。『ストレッチ・ツイード』――歴史とテクノロジーが融合した、まさにアクティブな現代的紳士にふさわしいこの素材は、ぜひ旅の一着として薦めたい。従来のツイードより薄く軽やか、起毛も控えめで、活動を妨げない快適な着心地。シンプルな色調ゆえ、プライベートな休暇にも、ビジネス出張にも似合う。

出張で

休暇で

「ムーン・ストレッチ・ツイード」

アンコン・テーラード仕立て

ふわりと心地よく羽織れる、
身頃裏、肩パッドなしの、軽やかな作り。

大見返しと肩裏で端正に

内側まで丁寧な作り

アンコンテーラード仕立て

「ムーン・ニット・ツイード」

まるでカーディガン! 英国老舗の、しなやかな遊び心。

大人の男を甘やかす。このツイード、実は『贅沢ニット』。

ひとたび袖を通せば、今までにない着心地の驚く、このツイード。素材の出自は、確かに英国「MOON」。しかし、セーターの如き柔らかさ。そして、顔立ちは凛々しいテーラード。その効能は……紳士たちに、とことん甘やか。格調高い着姿の内側で、ふわりと優しさで包み込む。肩の力を抜いて装いたい、そんな日にうってつけの一着だ。

ニット素材をこのように軽やか、かつ上品に仕立てるのは非常に難しいもの。高度な仕立て技術も、このカーディガンのような心地よさの実現に、大きな役割を担っている。

「ムーン・ニット・ツイード」

「ウールハニカム」

新設計とこだわり素材で、フワリと変身。お堅いイメージを覆す!

真面目で、軽い。ラクに付き合える『アン紺ブレ』。

「アンコン仕立て」の「紺ブレザー」、だから「アン紺ブレ」。コーディネート力は抜群、しかしどこか生真面目な男服の一番手、ネイビーブレザーを、とことん心地よくアレンジ。ふっくらと空気を含んで柔らかなウール・ブレンド素材を採用し、軽やかな仕立てに。体に馴染むような、しなやかな着心地が、ジャケット・スタイルの堅苦しさから開放してくれる。

コン

とろけるような肌触りのウール・ブレンド糸を、ハニカム(蜂巣)織りに。蜂の巣のような格子型の凹凸感があり、表情豊かでふっくらと暖かい。

「ウールハニカム」

「ウールヘリンボーン」

パッと羽織るだけで安心の一着。今年らしい選択は?

ON&OFFジャケット、『ソフト・ヘリンボーン』が新鮮。

仕事では上品に。休日は気楽に。目立ち過ぎず、程よく洒落感もあり、着回しやすく。そんな欲張りに応える、ON&OFFジャケットはこれ。ポイントは、ある時は無地感覚で着こなせ、組み合わせ次第で柄の個性が引き立つ、絶妙なトーンのヘリンボーン柄。珍しいメキシコ産ウールの、ブランケットのように心地よい軽やかさも魅力的。

メキシコのウール・メーカー「NOVALAN」。
先進の技術を取り入れた、上質な素材作りに定評がある。

「ウールヘリンボーン」

ソフト仕立て

カジュアルなシーンにも、
惜しみなく着られる、軽い仕立て。

軽快、かつ美しく便利に。

ソフト仕立て

「ウールニット」

端正ジャケットに見えて、実はカーディガンの着心地。

ふわりと羽織るだけで、決まる。『気楽ニット』を毎日に。

愛用のチノやデニムと合わせていつでも、気軽に。伸びやか、かつ適度なコシのあるダブルフェイス・ニットを使って、ややカジュアルな仕立てでまとめた一着。さっとカーディガン感覚で羽織るだけで、普段のスタイルが洒脱にまとまる、使い勝手のよさがいい。
デイリーに惜しみなく、ジャケット・スタイルが愉しめる。

気遣いのいらない、ニット素材ならではの快適な伸縮性が魅力。ダブルフェイスのため、裏側の色が違うのも面白い。

「ウールニット」