ホームページ > こども絵画コンテスト > なぜ「こども絵画」?

なぜ「こども絵画」?

これからの世界を創る、主人公たち。今だけの感性を、楽しみながら、磨いてほしい。

見るものすべてに、わくわく、どきどき。
子どもたちの感性は、今だけの、みずみずしさを放っています。
勉強も大切ですが、楽しいことや、美しいものに、できるだけ多く触れてほしい。
自分の感動を表現して、シェアできる、創造力を培ってほしい。
このコンテストが、その機会のひとつになれば、と願っています。

創業者ゲリー・コマーも、 子どもの未来に思いを馳せた人でした。

ランズエンドの創業者 ゲリー・コマー(Gary Comer) ランズエンドの創業者 ゲリー・コマー(Gary Comer)

ランズエンドの創業者は、アメリカ人のゲリー・コマー。
ミシガン湖のほとりで育った彼は、優秀なヨット選手であり、広告会社のコピーライターでもあったという、異色の経歴の持ち主でした。地元・シカゴでヨット用品を扱う小さな店をスタートし、後にカジュアル衣料に進出。アメリカ有数のファッション通販会社として成功させるとともに、会社の“働きやすさ”も重視し、社員からも慕われる、有能な経営者でした。

成功を収めたコマーは、ある日、自身が卒業した小学校を訪問し、学校や近隣の街の状況に愕然としたそうです。「未来を担う子どもたちに、もっと充実した教育と、健全な環境を与えたい」。そう考えたコマーは、小学校への寄付を行うようになりました。その後、学校、教育基金、病院を設立するなど、子どもの教育と医療に対する支援を惜しまなかったといいます。

子どもの可能性、そして明るい未来を信じ続けたゲリー・コマーの精神は、現在のランズエンドのブランド哲学、物づくりにも深く根付いています。その一環として、これまでアメリカ本社ではKids Art Contestが行われてきました。このたび、日本でも同様のコンテストを開催できることは、私たちの誇りであり、喜びです。