FINAL SALE 開催中!最大 70% OFFいよいよ最終価格に。約300アイテムがさらに値下げ!セールトップレディスメンズキッズ

男、最愛の色。
「インディゴ」に染まる秋。

この着心地――自分らしく、懐かしく、
そしていつまでも新しい。
2018年のアメリカン・カジュアル・スタイル。

2018年のアメリカン・カジュアル・スタイル。

この秋、ランズエンドのロゴが新しくなった。――新しく? 
いや実はこのロゴは、70年代に使われていたクラシックロゴ。
灯台、ランズエンドの原点の象徴を冠した、
このロゴの復活に私たちが込めたのは、古きよきアメリカの心。
そしてまた荒波に向かう、冒険を忘れない心である。

まずお届けするのは、そんな2つの心に導かれたコレクション。
インディゴ・デニムを中心とした、アメリカン・カジュアル・スタイル。
どれも馴染み深い、永遠のアイテムに見えて、現代的な機能性、
トレンドのアクセントが加えられている。最愛の着心地が、
フレッシュな気分でよみがえる、
その愉しさを新しい季節の始まりとともに、味わって欲しい。

この秋、ランズエンドのロゴが新しくなった。

“インディゴ”――それは深き海の色。
ランズエンド、そして男たちの憧憬の色。

古(いにしえ)から、世界で。あまねく愛されてきた色がある。
――インディゴ。紀元前4000年に既に痕跡を残すという、海を思わせる深い青。インドで、ギリシャで、ペルーで、そして日本で、異なる人種も文化も超えて、数多の人々が魅せられた色は、いつしかアメリカのデニム――男たちを包む、あのアイテムへと結晶した。身を包むたびに懐かしく、そして清清しく、ひとつとして同じもののない色の濃淡に、自分だけの愛着を感じる……男たちにとって、そんな色はインディゴをおいて他にはないだろう。
ランズエンドにとっても、この色は原風景。インディゴ・コレクション「スクエアリガー」には、海から生まれ、そしてアメリカを生きる私たちの誇りが込められている。
“インディゴ”ーーそれは深き海の色。

無二の“青”に身を包む。「スクエアリガー・インディゴ・ニット」

クラシックなデニム素材を作るときと同様に、コットン糸を“ロープ染め”という方法で染めてから、
編み上げた鹿の子ニットを使用。洗うたび次第に色が落ち、“自分だけの一枚”に育っていくのも
デニムと同じ、長く付き合いたくなる2つのニット。
着心地がいいだけでなく、
インディゴならではの個性ある表情が魅力的な、
一枚あると着こなしが引き立つアイテムだ。
刺しゅうで
カスタマイズ
デニムと同じように、洗うたびに生まれる“アタリ”が深い味わいに。 「インディゴ・バッグ」が
もれなく付いています。
保管時の、他のアイテムへの色移りを防ぐ専用バッグ付き。インディゴの物語と、ランズエンド・デニムのアイコン「スクエアリガー」のイラストをプリントした、特別なバッグです。 インディゴ専用刺しゅう
500円
このインディゴ・ニットの雰囲気に似合う、海を思わせるクラシックなデザイン。存在感のある大きめモチーフです。
フルジップ・ジャケット 9,900円 (税込 10,692円 )
ポロ/長袖 7,900円 (税込 8,532円 )
無二の“青”に身を包む。「スクエアリガー・インディゴ・ニット」

ラクで格好いい、大人デニムの最新回答。「スクエアリガー・立体ストレッチ・デニム」

若い頃から大好きな、アメカジの匂いたっぷりの、コーディネート力抜群なパンツ……と言えば、やっぱりデニム。
なのに最近はいていない、と思ったら、ぜひこの一本を試して欲しい。
大人のお腹とヒップを押さえつけない立体的な作りに、伸びのよいストレッチ性を組み合わせた、
ランズエンドのデニム。アメリカン・ブランドならではの本格的なルックスで、“ラク”と“格好いい”を両立。
もう一度、自分らしいデニム・スタイルを楽しもう。
テーラード・パンツを手本にした、深くえぐれたヒップ曲線。立体的にお腹とヒップを包む。 ※


フロントのジッパーが長いのも特徴。着脱がラクにできる、大人にうれしい工夫。


若々しいテーパード。膝上にややゆとりを残し、膝下はすっきり。


ラクに動ける、12オンスのストレッチ・デニムを使用。


「スクエアリガー」のイラストをプリントした本革のパッチ付き。
立体ストレッチ・デニム
8,900円 (税込 9,612円 )

デニムは窮屈……理由は平面的な作りにあった。 包み込むような新感覚フィット。理由は「立体テーラード」仕立て。※ 深いカーブに注目! 
この曲線が「大人デニム」の証。
ここが深くえぐれているということは、
それだけ股ぐり部分が長く、お腹からヒップを立体的に包み込めるということ。
通常のデニムはこの部分が直線に近く、前後に厚みがないため、
体を平面的につぶしてしまって、窮屈さを感じてしまう。
実はこの“曲線”は、テーラード・パンツを手本にしたもの。
手間のかかる立体的な仕立て方法をデニムに応用する作りで、
大人の、丸みが出たお腹からヒップを無理せず包み、しかし“縦ではなく
奥に長い”立体であるため、股上が深く見えないのが特長。
デニムらしい若々しいスタイルとの両立を実現する。
ラクで格好いい、大人デニムの最新回答。「スクエアリガー・立体ストレッチ・デニム」 デニムは窮屈……理由は平面的な作りにあった。

オーセンティックな顔立ちに、快適+。
「スクエアリガー・ストレッチ・デニム・ジャケット」

人気が再燃しているデニム・ジャケット。
こちらにも快適なストレッチ・デニムを採用、しかし、デザインはあくまで本格的なのが大人らしい。
ラフなカジュアル・スタイルはもちろん、きれいめのニットやパンツとも合わせるのも、大人ならではの着こなし方。
伸びやかな着用感も心地よく、さまざまなコーディネートに、さっと羽織れる一枚として活躍する。
ラクに動ける、12オンスのストレッチ・デニムを使用。


ロゴ入りのドーナツボタン。隠しリベットには灯台のマーク。
胸ポケットと腰ポケット付き。使い勝手のよさも魅力。


フロントの切り替えステッチが、すっきりしたラインを演出。
立体ストレッチ・デニム・ジャケット
12,900円 (税込 13,932円 )
「スクエアリガー・ストレッチ・デニム・ジャケット」

アメカジ・スタイルに欠かせない、タフな味わいの「ワークシャツ」

■洗い晒しで着たい、気持ちのいいコットン100%。

■両胸にボタン・ポケット。左にはペンポケットもあり。

■台襟や肩ヨーク下の、補強ステッチや当て布がタフな雰囲気。

■ヴィンテージ・デザインを踏襲する、ストレートカラー。

シャンブレー・ワークシャツ 5,900円 (税込 6,372円 )
アメカジ・スタイルに欠かせない、タフな味わいの「ワークシャツ」

初秋から春までロングシーズン。
軽い風合いの「ライト・フランネル」

■3シーズン着られる、3.9オンスの軽いフランネルを使用。

■裏面も柔らかい、両面起毛。肌触り抜群。

■ストレッチ性もあり。気楽な着心地がうれしい。

■両胸にフラップ付きポケット。
ストレッチ・ライト・フランネル・シャツ 6,900円 (税込 7,452円 )
軽い風合いの「ライト・フランネル」

本物のラガーマンが鍛え上げた、
本格派の「ラグビー・ジャージー」

■1987年の大会で、アメリカ代表チームにユニフォームを提供した歴史を持つランズエンド。
 その当時のオーセンティックなデザイン。

■7.5オンスのヘビージャージー。デイリーに着こなしやすい厚み。

■襟は丈夫なコットンツイル素材。台襟に補強ステッチ入り。

■ラガーマンを刺しゅうした、80年代の復刻ラベル。

■スタイルのアクセントになる、レトロ・スポーティな配色。

クラシック・ラグビージャージー 8,900円 (税込 9,612円 )
本格派の「ラグビー・ジャージー」

70年代の人気作を、現代的にアレンジ。
「シーゴーイング・ファニーパック」

■ランズエンドで70年代に人気を博した、ヨット用のバッグシリーズを、現代的に復刻。

■財布やスマートフォンなど、外出に必要不可欠な小物をコンパクトに収納。

■素材は、アウトドア・シーンで愛用されているコーデュラ®。
 ヨット・アイテムとしての歴史を継承する確かなクオリティ。

■内側に、ジッパー付きメッシュ・ポケットと、キーホルダー付き。
シーゴーイング・ファニーパック 2,900円 (税込 3,132円 )
「シーゴーイング・ファニーパック」

男、最愛の色。
「インディゴ」に染まる秋。

この着心地――自分らしく、懐かしく、
そしていつまでも新しい。
2018年のアメリカン・カジュアル・スタイル。

2018年のアメリカン・カジュアル・スタイル。

この秋、ランズエンドのロゴが新しくなった。――新しく? 
いや実はこのロゴは、70年代に使われていたクラシックロゴ。
灯台、ランズエンドの原点の象徴を冠した、
このロゴの復活に私たちが込めたのは、古きよきアメリカの心。
そしてまた荒波に向かう、冒険を忘れない心である。

まずお届けするのは、そんな2つの心に導かれたコレクション。
インディゴ・デニムを中心とした、アメリカン・カジュアル・スタイル。
どれも馴染み深い、永遠のアイテムに見えて、現代的な機能性、
トレンドのアクセントが加えられている。最愛の着心地が、
フレッシュな気分でよみがえる、
その愉しさを新しい季節の始まりとともに、味わって欲しい。

この秋、ランズエンドのロゴが新しくなった。

“インディゴ”――それは深き海の色。
ランズエンド、そして男たちの憧憬の色。

古(いにしえ)から、世界で。あまねく愛されてきた色がある。
――インディゴ。紀元前4000年に既に痕跡を残すという、海を思わせる深い青。インドで、ギリシャで、ペルーで、そして日本で、異なる人種も文化も超えて、数多の人々が魅せられた色は、いつしかアメリカのデニム――男たちを包む、あのアイテムへと結晶した。身を包むたびに懐かしく、そして清清しく、ひとつとして同じもののない色の濃淡に、自分だけの愛着を感じる……男たちにとって、そんな色はインディゴをおいて他にはないだろう。
ランズエンドにとっても、この色は原風景。インディゴ・コレクション「スクエアリガー」には、海から生まれ、そしてアメリカを生きる私たちの誇りが込められている。
“インディゴ”――それは深き海の色。

無二の“青”に身を包む。「スクエアリガー・インディゴ・ニット」

クラシックなデニム素材を作るときと同様に、コットン糸を“ロープ染め”という方法で染めてから、 編み上げた鹿の子ニットを使用。洗うたび次第に色が落ち、“自分だけの一枚”に育っていくのも デニムと同じ、長く付き合いたくなる2つのニット。 着心地がいいだけでなく、 インディゴならではの個性ある表情が魅力的な、 一枚あると着こなしが引き立つアイテムだ。 刺しゅうで
カスタマイズ
デニムと同じように、洗うたびに生まれる“アタリ”が深い味わいに。 「インディゴ・バッグ」が
もれなく付いています。
インディゴ専用
刺しゅう500円
フルジップ・ジャケット 9,900円 (税込 10,692円 )
ポロ/長袖 7,900円 (税込 8,532円 )
無二の“青”に身を包む。「スクエアリガー・インディゴ・ニット」

ラクで格好いい、大人デニムの最新回答。
「スクエアリガー・立体ストレッチ・デニム」

若い頃から大好きな、アメカジの匂いたっぷりの、コーディネート力抜群なパンツ
……と言えば、やっぱりデニム。なのに最近はいていない、と思ったら、
ぜひこの一本を試して欲しい。大人のお腹とヒップを押さえつけない立体的な作りに、伸びのよい
ストレッチ性を組み合わせた、ランズエンドのデニム。アメリカン・ブランドならではの本格的な
ルックスで、“ラク”と“格好いい”を両立。もう一度、自分らしいデニム・スタイルを楽しもう。
テーラード・パンツを手本にした、深くえぐれたヒップ曲線。立体的にお腹とヒップを包む。 ※


フロントのジッパーが長いのも特徴。着脱がラクにできる、大人にうれしい工夫。


若々しいテーパード。膝上にややゆとりを残し、膝下はすっきり。


ラクに動ける、12オンスのストレッチ・デニムを使用。


「スクエアリガー」のイラストをプリントした本革のパッチ付き。
立体ストレッチ・デニム 8,900円 (税込 9,612円 )

デニムは窮屈……理由は平面的な作りにあった。 包み込むような新感覚フィット。理由は「立体テーラード」仕立て。※ 深いカーブに注目! この曲線が「大人デニム」の証。 ここが深くえぐれているということは、 それだけ股ぐり部分が長く、お腹からヒップを立体的に包み込めるということ。 通常のデニムはこの部分が直線に近く、前後に厚みがないため、 体を平面的につぶしてしまって、窮屈さを感じてしまう。 実はこの“曲線”は、テーラード・パンツを手本にしたもの。 手間のかかる立体的な仕立て方法をデニムに応用する作りで、 大人の、丸みが出たお腹からヒップを無理せず包み、しかし“縦ではなく 奥に長い”立体であるため、股上が深く見えないのが特長。 デニムらしい若々しいスタイルとの両立を実現する。
ラクで格好いい、大人デニムの最新回答。「スクエアリガー・立体ストレッチ・デニム」 デニムは窮屈……理由は平面的な作りにあった。

オーセンティックな顔立ちに、快適+。
「スクエアリガー・ストレッチ・デニム・ジャケット」

人気が再燃しているデニム・ジャケット。こちらにも快適なストレッチ・デニムを採用、しかし、 デザインはあくまで本格的なのが大人らしい。ラフなカジュアル・スタイルはもちろん、きれいめのニットやパンツとも合わせるのも、大人ならではの着こなし方。 伸びやかな着用感も心地よく、さまざまなコーディネートに、さっと羽織れる一枚として活躍する。 ラクに動ける、12オンスのストレッチ・デニムを使用。


ロゴ入りのドーナツボタン。隠しリベットには灯台のマーク。
胸ポケットと腰ポケット付き。使い勝手のよさも魅力。


フロントの切り替えステッチが、すっきりしたラインを演出。
立体ストレッチ・デニム・ジャケット 12,900円 (税込 13,932円 )
「スクエアリガー・ストレッチ・デニム・ジャケット」

アメカジ・スタイルに欠かせない、タフな味わいの「ワークシャツ」

■洗い晒しで着たい、気持ちのいいコットン100%。

■両胸にボタン・ポケット。左にはペンポケットもあり。

■台襟や肩ヨーク下の、補強ステッチや当て布がタフな雰囲気。

■ヴィンテージ・デザインを踏襲する、ストレートカラー。

シャンブレー・ワークシャツ 5,900円 (税込 6,372円 )
アメカジ・スタイルに欠かせない、タフな味わいの「ワークシャツ」

初秋から春までロングシーズン。
軽い風合いの「ライト・フランネル」

■3シーズン着られる、3.9オンスの軽いフランネルを使用。

■裏面も柔らかい、両面起毛。肌触り抜群。

■ストレッチ性もあり。気楽な着心地がうれしい。

■両胸にフラップ付きポケット。
ストレッチ・ライト・フランネル・シャツ 6,900円 (税込 7,452円 )
軽い風合いの「ライト・フランネル」

本物のラガーマンが鍛え上げた、本格派の「ラグビー・ジャージー」

■1987年の大会で、アメリカ代表チームにユニフォームを提供した歴史を持つ
 ランズエンド。その当時のオーセンティックなデザイン。

■7.5オンスのヘビージャージー。デイリーに着こなしやすい厚み。

■襟は丈夫なコットンツイル素材。台襟に補強ステッチ入り。

■ラガーマンを刺しゅうした、80年代の復刻ラベル。

■スタイルのアクセントになる、レトロ・スポーティな配色。

クラシック・ラグビージャージー 8,900円 (税込 9,612円 )
本格派の「ラグビー・ジャージー」

70年代の人気作を、現代的にアレンジ。
「シーゴーイング・ファニーパック」

■ランズエンドで70年代に人気を博した、
 ヨット用のバッグシリーズを、現代的に復刻。

■財布やスマートフォンなど、外出に必要不可欠な小物を
 コンパクトに収納。

■素材は、アウトドア・シーンで愛用されているコーデュラ®。
 ヨット・アイテムとしての歴史を継承する確かなクオリティ。

■内側に、ジッパー付きメッシュ・ポケットと、
 キーホルダー付き。
シーゴーイング・ファニーパック 2,900円 (税込 3,132円 )
「シーゴーイング・ファニーパック」