FREE SHIPPINGオンラインショップ限定10,000円(税込)以上のご購入で送料無料!※モノグラミング、刺しゅうなどの加工料金およびギフトパッケージサービスを除く。

英国紳士を魅了し、世界の目利きに愛された。
糸の芸術「MOON」ツイード。

ツイードが、手仕事で紡がれる貴重な布だった頃の、古い記憶を受け継ぐ職人たちがいる。
北イングランド、ヨークシャーの「MOON」社。
英国ヴィクトリア女王が即位した1837年、時を同じくして創業したという、
100年、いや200年近くもの歴史を持つ生地メーカー。
そこでは数多の紳士たちを魅了し続けてきた美しい布が、今も丁寧に作り続けられていた――。

ランズエンドの、ツイード・ジャケット。
一枚の芸術のような、「MOON」社の布で仕立てました。

英国紳士を魅了し、世界の目利きに愛された。
糸の芸術「MOON」ツイード。

1837年創業。“一貫生産”にこだわった、
英国ツイードの伝統を受け継ぐ者。

始まりは手作りの布。ヨークシャーの水の恵みを受けて。

その昔は家庭で糸を紡いで織る、小さな手工業で生産されていた英国ツイード。創業者のアブラハム・ムーンは、それらを集めて買い取り、仕上げて販売するスタイルでヨークシャー州、ギーズリーに社を興した。その後1868年、布の仕上げに理想的なこの地の水を引き込んだ、自身の工場を設立。新しく敷かれた鉄道の力もあり、 「MOON」社の生地は英国のみならずヨーロッパへと広まっていった。

糸から織りまで、全てを手がける古き良き物作り。

「MOON」社の生地作りは、未加工の羊毛から染色、紡績を行い、その上で織りと仕上げまで、全て一貫して行う特別なものだった。工場生産でありながら、ツイードが家庭で作られる“ホームスパン”だった頃の記憶を蘇らせるような、古き良き仕事が彼らのツイードに、他にはない味わいを添えたのかもしれない。創業者のアブラハムの死後も、その物作りの精神は大切に守られてゆく。

素材の質を高め続けることで、獲得した世界からの信頼。

この、羊毛の加工から布の仕上げまで行う一貫生産の生地メーカーは、現代ではわずかに数えるほどしか残っていないという。20世紀に入って、素材の色柄やデザインにも力を入れ始めた「MOON」社は、その後の合成繊維の台頭とウールの価格の下落に、より素材の質を高めることで対抗。結果的に、世界の多くのファッション・ブランドから信頼を得る存在となった。そして今も。変わらず原点である創業の地で、200年近くの歴史を紡いだ美しい布が作り続けられている。

1837年創業。“一貫生産”にこだわった、
英国ツイードの伝統を受け継ぐ者。

羊毛から、美しい布になるまで。
全工程を手掛けるからこそ、守られる上質。

未加工の原毛を磨くことが、伝統のツイードへの第一歩。

歴史ある英国ツイードのメーカーの中で、今や希少な一貫生産を継承する「MOON」社の布作りは、ギーズリーのファクトリーに届けられた原毛の下処理から始まる。南アフリカを中心に、ニュージーランドなどから厳選されたそれは、最上級の布になるための資質を備えたものばかり。混入した不純物や汚れを、わずか0.3%以下にまで取り除く作業がまず施され、美しく染められる準備が整う。

受け継がれたレシピから生まれる、妙なる色のハーモニー。

500もの異なった濃淡や色合いをつけることが可能だという、精密、かつ極秘の染色工程を経た羊毛は、とりどりに合わされて混ぜられる、ブレンドへと進む。7色までミックスできるその工程が、ツイードならではの魅力的な色の奥行きを生む。ところで「MOON」社には、染色のサンプルとレシピを保管するライブラリーがあるという。伝統の技術を、長く後世へ受け継いでゆくために。

職人たちの魂が吹き込まれ、その布は織り上がってゆく。

ブレンドされた羊毛は、ローラーで幾度も梳かれてなめらかに整えられた後、均一に撚りがかけられ糸となる。美しい色合いと、なめらかさ、柔らかさ、そして強さまでも兼ね備えた糸は、いよいよ織りへ。複雑な模様をも実現するため、縦糸は最大2000本まで配置できるといい、それに多種の横糸が精密に組まれて美しい布が生まれてゆく。いくつもの工程を手がけた、そして長い歴史を担った、すべての職人たちの誇りを織り込んで。

羊毛から、美しい布になるまで。
全工程を手掛けるからこそ、守られる上質。

ランズエンド・メンズが誇る逸品。
2016年の新作「MOON」コレクション。

「MOON」独自の染色の技が冴える。
着こなしに粋をもたらす“美色”ツイード。

装いの格を、さらに高める存在感ある一着。
クラシックなヘリンボーン織り。

英国ジェントルマンのたしなみ、
乗馬のための装いを、都会的にアレンジ。

ランズエンド・メンズが誇る逸品。2016年の新作「MOON」コレクション。
メンズ・ジャケット特集を見る