ホームページ > メンズ・ヨットマン・コレクション

原点の「海」へ。ヨットマン・コレクション。

ランズエンドは1963年、アメリカ・シカゴで誕生した。創業者はゲリー・コマー。
優秀なコピーライターであり、ヨットマンでもあった彼が、
愛するヨットの関連商品とウェアを揃えた、小さな店がその始まりだった。
夢を抱き、水平線を目指して漕ぎ出すように・・・・・・。
その原点を思い、海にまつわるウェアを集めた「ヨットマン・コレクション」。
時代を超えても変わらない、自由なアメリカの心。そして、海への憧れが、その中には息づいている。

「ヨットマン・3ウェイ・パーカ」

70年代の記念碑的アウターをリモデル。
ヨットマンの魂が、現代的スタイルと機能で蘇る。

70年代のカタログを飾った、印象的なオレンジのパーカ――ヨット用ギアの販売から始まったランズエンドが、当時最良の機能性を求めて作った最初のアウターウェアでした。その記念碑的アイテムを、往時のレトロな雰囲気とヨットマン精神を継承しつつ、全く新しくリモデル。パーカとベスト、それぞれ単独で着こなせ、組み合わせればしっかり暖かく。3通りに使えるのも便利です。

デティール1

ヴィンテージ風の味わいがある、コーティング・コットン素材。

デティール2

ドローコードで調節できるフード付き。ジッパーで着脱可能。

デティール3

フロントや襟の内側にコーデュロイ。温もりとアクセントを添えて。

デティール4

ベストの着脱はジッパーで。内部に2つの内ポケットを装備。

デティール5

ジッパーの上にスナップ留めの比翼を重ねたフロント。風の侵入を防ぐ。

ベスト

単独で着用できるライナー・ベスト。
毛足が長く暖かなシェルパ・フリース。

ヨットマン・ヘリテージ・3ウェイ・パーカ
21,90013,900(税込15,012円)

ご購入はこちら

「クラシック・フィッシャーマン・セーター」

過酷な海と闘う男も。その海を愛する男も。
この温もりに包まれてきた。

かつて、冬の荒海に出る漁師たちのために、家族の手で編まれていたという北欧のフィッシャーマン・セーター。模様のひとつひとつに意味と祈りを込め、寒さをしのげるよう作られたそれは、無骨ながら手仕事の美しさも光る、古い伝統を感じることができるアイテムです。その歴史に敬意を込めて作った3つのセーター。冬のスタイルに取り入れれば、暖かさはもちろん、着こなしに深い味わいを添えてくれます。

Aran(アラン)

漁師にとっての命綱(ロープ)を表現した、大漁と安全の祈りが込められているケーブル編み。ツイードのように節糸(ネップ)の混じった素朴な質感も印象的で、昔は糸も、各家庭で紡いだものを使っていたという、古いエピソードを思い起こさせる。

アラン・ケーブル・タートルネック

ご好評につき完売いたしました。

Cowichan(カウチン)

19世紀、フィッシャーマン・セーターの本場スコットランドからカナダへ伝えられたセーター作りの技術が、原住民のカウチン人の伝統と融合。そして生まれたのがカウチン・セーター。本来は動物が描かれることが多いが、ランズエンドでは灯台と錨、そして五大湖の模様を。

ライトハウス・カウチン・ジャケット

ご好評につき完売いたしました。

Shaker(シェーカー)

風を通さないよう、がっしりと編みこんだ、ラムズウール100%のボディ。肩と肘のワックス・コットンのパッチで、タフなアクセントを添えたセーター。まるで北国の波の色のような、ブルーとホワイトのミックスカラーが、男のスタイルにラギッドな匂いを加えてくれる。

フィッシャーマン・シェーカー・クルーネック

ご好評につき完売いたしました。

暖かさの最前線へ。進化系アウターウェア。アウター特集はこちら