PINK RIBBON PROJECT

大切ないのちを結ぶ、
ピンクリボン。

ランズエンドは、乳がんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを伝える、
ピンクリボン活動を応援しています。

ピンクリボン活動とは?

1980年代にアメリカで始まった、乳がんに対する理解と支援を広く呼びかける運動です。
乳がんで娘を亡くした女性が、「同じ悲しみをくりかえさないように」と願いを込め、
孫にピンク色のリボンを手渡したのがきっかけといわれています。
活動は世界に広がり、「ピンクリボン」は乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の
大切さを伝える世界共通のシンボルマークとなりました。

ランズエンドでは、いつもご愛顧いただいている女性のお客さまをはじめ、
そのご家族や友人など、ひとりでも多くの方に乳がんについて関心を持っていただき、
早期発見の大切さをお伝えすることで、皆さまの笑顔と健康を守る
お手伝いをしたいと思い、この活動を支援することにいたしました。

ランズエンドは、売り上げの一部を公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくすほほえみ基金」へ寄付します。

乳がんにかかる日本人女性が増えています。

日本で“乳がん”は増加の一途をたどっており、
毎年約9万人が乳がんにかかっていると推定されています。
年代では、30歳代で増加しはじめ、45歳から49歳で
ピークとなります。最近は60歳代でも増えています。
また、20歳代でがんにかかる人は少ないとはいえ、
若年層が乳がんにかかる率は年々上昇しており、
若いときから関心を持つことが大切です。

乳がんは、壮年層(35歳から64歳)の
日本人女性のがん死亡原因の1位となっており
(2011年厚生労働省人口動態統計「死因別死亡数」)、
征圧のためには早期発見、早期治療がとても重要です。
無症状のうちに検診を受診すれば、
早期の乳がんが発見される可能性が高く、
その段階で治療すれば、治療の経過は良好です。
しかし、日本での受診率はまだ低い状態が続いています。

ピンクリボン協賛刺しゅう

お好きなアイテムに入れてお買い求めいただくと、
刺しゅう代金500円が、公益財団法人日本対がん協会
「乳がんをなくすほほえみ基金」に寄付されます。
また、本刺しゅうを入れたアイテムは、乳がんのセルフ
チェック方法などがわかるリーフレットと共にお届けします。