審査について

選考基準

1テーマについて
「いつか着てみたい!―あったらいいな、こんなふく」? 子どもならではの純粋な感性で描けているか。また明るい未来への夢と気持ちが表現できているか。

1色彩、発想、表現力について
自由な発想で、子どもらしい創造力で表現ができているか。

審査風景

2014年2/4(火)?3/26(水)の短い期間にもかかわらず、日本全国のお子さんから、合計246点の作品をお寄せいただきました。どれも力作、ひとつひとつじっくりと審査を行いました。

会議室にずらり並ぶ全国からの応募作品。

会議室にずらり並ぶ全国からの応募作品。

真剣な面持ちで作品を見る審査員たち。

真剣な面持ちで作品を見る審査員たち。

審査にあたって

この度はランズエンド子ども絵画コンテストにご応募いただき、誠にありがとうございました。
昨年に引き続き2回目を迎えたこのコンテストですが、全国から246点に上る作品をお寄せいただきました。みなさまの変わらぬ暖かなご支持に心より感謝いたします。
今年は「いつか着て見たい!あったらいいな、こんなふく」というテーマに、それぞれのお子さんがたくましい想像力と自由でみずみずしい感性で応えていただき、期待を超える完成度の高い作品らを前に、私たち審査員も真剣に1点1点と向き合い、審査に臨みました。

厳正な審査の結果、33点の入賞作品が選ばれました。入賞されたみなさま、おめでとうございます。また惜しくも入賞を逃した作品も、優劣つけがたい僅差であったことをご報告いたします。

今回の受賞作品は、本サイト内で展示させていただきます。
どれも子どもたちの純粋な気持ちがのびやかに表現された素晴らしい作品です。
じっくりとご鑑賞いただき、子どもたちが絵に託した夢と希望、そして笑顔あふれる未来に思いを馳せる機会になれば、と願っています。

引き続き、ランズエンド・キッズはさまざまなイベントを行っていく予定です。今後とも暖かく見守りいただけますと幸いです。

日本ランズエンド株式会社代表取締役 稲辺裕樹