ボタンダウン

アイビーリーガー達に好まれ、アメリカン・トラッドやプレッピー・スタイルの基本となったボタンダウン。もともとは1900年代初期、ポロ競技のユニフォームとして誕生したということもあり、タイを外しても決まる守備範囲の広いデザイン。アメリカ・ブランドであるランズエンドでも人気の高い形で、上襟が軽く持ち上がってカーブし、襟先のボタンに収まる、ロールの形状の美しさに定評がある。

ボタンダウンのアイテムはこちら

カッタウェイ

襟先が水平に開いた、顔周りをシャープに印象付けるブリティッシュ感覚の襟型。タイドアップだけでなく、タイなしで第一ボタンを開けても決まるから、カジュアルな着こなしにもマッチ。ボタンダウンとはまた違ったスポーティな雰囲気を持つ一枚として、着こなし幅を広げてくれる。

カッタウェイのアイテムはこちら

バーシティ・ボタンダウン

「バーシティ」とは「スポーツの学生代表チーム」の意味。1960年代、アイビーの流行により一躍人気を博したボタンダウン襟の、まさに当時の雰囲気を復活させたもの。小ぶりの襟が特徴の今人気の高いデザインで、カジュアルなスタイルにも合う。