スクオールの挑戦 スクオール徹底解剖 REVERSIBLE PARKA JACKET MAIN MENU
SEE THE VIDEO
SEE THE VIDEO

早春の五大湖「レイク・スペリオル」。気温は0℃。強風と雨が吹きつけ、霧が視界を遮る湖上、最大の運搬船「Paul R. Tregurtha」の甲板で――。船で働く男たちが「スクオール」に身を包んだ。
その実力を検証する、前代未聞の体感テストがはじまる。

「Paul R. Tregurtha」は積載量63,000トン。およそフットボール・フィールド3面分の長さと、8階分の高さの中に石炭と鉄鉱石を積み込み、一年のうち10か月、ノンストップの旅に出る。
ランズエンドは4日間、ミネソタ州のダルースからデトロイトの北にあたるセントクレア港までその旅に同行し、「スクオール」の着用感を試してもらった。

リバーシブル・スクオールを見る

スクオール・パーカを見る