「水」を克服した最先端ダウン。
『ハイパードライ』。

ダウンの弱点――「水」。雨で、汗で、その保温力は低下するという…。

  • 「水」を克服した最先端ダウン。『ハイパードライ』。
  • 「水」を克服した最先端ダウン。『ハイパードライ』。

ダウン(羽毛)は実は水が苦手。濡れるとしぼんで保温力が失われ、乾きも遅い。
よって、悪天候下での使用には不向きとされてきた――

「ハイパードライ」は、そんなダウンの弱点をついに克服した、最新テクノロジーの賜物だ。アウトドアでの不意の雨も、
汗も寄せ付けず、いつでもフワッと乾いて暖か。もちろん、街着にしても心地いい。
さらにこのダウン、環境と動物に優しい、第三者機関で認証された「エシカル=倫理的」なダウンであるところも現代的である。
機能的な中綿もいいが、やはり天然の温もりにこだわるならば…。このダウンが、新しく、そして良き選択肢となるだろう。

ダウン(羽毛)は実は水が苦手。濡れるとしぼんで保温力が失われ、乾きも遅い。

希少価値!
防水プレミアム・ダウン「ハイパードライ」とは?

まだ、限られた本格アウトドア・ブランドでしか採用されていない、世界でも新しい防水プレミアム・ダウン。
ふっくら大きなダウンボールを厳選し、細かな繊毛にまで、特殊な技術で防水加工を施している。
水分を弾いて、濡れてもしぼまず、保温性と軽さが持続。実験写真を見ると完全に水に浮き、沈まないことが分かる。

「ハイパードライ(HyperDRY)」は「ALLIED Feather & Down」社のダウンです。

希少価値!防水プレミアム・ダウン「ハイパードライ」とは?

環境と動物に優しい
「エシカル=倫理的」ダウンの証明。

近年、大量生産のためのダウンの過酷な採取方法が、世界で問題になっているのを
ご存知だろうか。「ハイパードライ」を生産するダウンメーカー
「アライド」社は、そんな暖かさの裏の暗がりに光を当てるべく、
画期的な取り組みを行っている。
それは、使う羽毛を“エシカル=倫理的”なものに限ること
――健全な水鳥の飼育、採取方法から、
環境に配慮した加工方法、輸送ルートまで全て追跡可能にし、
第三機関の監査を通すこと――
それを証明するもののひとつが「TRACK MY DOWN」。
購入したアウターには1枚ずつQRコードのタグが付いている。それを読み取れば、
使われているダウンの出自が明らかになる仕組みだ※。
環境面にも配慮したクオリティは、心身共に納得できる温もり、
そして優しさを与えてくれるだろう。

※英語のみ  「TRACK MY DOWN(トラックマイダウン)」は、「ALLIED FEATHER & DOWN」社の提供です。

環境と動物に優しい「エシカル=倫理的」ダウンの証明。

『ハイパードライ』
2018年 最新コレクション

『ハイパードライ』 2018年 最新コレクション

普遍の価値が光る、頼れる本命ダウン・コート。

ON&OFFで大活躍

アウターウェアのクオリティに定評のあるランズエンドの中で、長年人気No.1を誇るのがこの形。「ダウン・コート」――その、2018年の新作です。本格アウトドア・ダウンをモデルにしたタフなルックス、だけでなく、中身のダウンもハイクオリティであることが高評価の理由。頼りがいのある“男前”な一着は、ONからOFFまでこの冬も、そしてこれからの冬も長く付き合える、本命アウターになってくれるはずです。

丈夫さが求められる肩とフードには、防水・防風の強靭なナイロン素材を使用。

ダブルジッパーの上に比翼を重ね、防風性を高めたフロント。

ボディと袖には、着心地のよいしなやかな防水ファブリック。

内外合わせて8つの機能的なポケット付き。

ハイパードライ800・ダウン・コート(全4色) 23,900円 (税込 25,812円 ) ご購入はこちら
普遍の価値が光る、頼れる本命ダウン・コート。

スタイリッシュかつスポーティ。リバーシブル、防水ダウン内蔵。

便利なリバーシブル

スポーツ・ジャケットの永遠の定番をモデルに、大胆にブラッシュアップしました。コーディネートしやすい、シンプルでバランスのよいデザインを生かして、機能的な防水ダウン「ハイパードライ」を内蔵、しかもリバーシブル仕様に。冬のカジュアル・スタイルに、さまざまに活躍します。

顔周りがスポーティに引き立つ、ドッグイヤー・カラー。

襟の中にフードを内蔵。
悪天候時などに活躍。

表裏共に快適ストレッチ素材。さらにはっ水機能も。

付属のバッグに収納可能。保管時に便利。

ハイパードライ800・リバーシブル・ダウン・ジャケット 25,900円 (税込 27,972円 ) ご購入はこちら

保温力が加速する、「ダウン」×「プリマロフト」

2018年 最暖アウター

自然界最強の保温素材「ダウン」と、テクノロジーから生まれた高機能中綿「プリマロフト」。軽さと暖かさを誇る2大マテリアルを、何と両方使っています。双方の利点を引き立てあって、今年のランズエンド・アウター内で最強の保温力に。厳寒をものともせず、野外でのアクティビティが楽しめます。

フードの後ろに、かぶりの深さを調整できるコード付き。

コードの調整ストッパーを内蔵したフード。引っ掛かりを防ぐ。

防水性があり、丈夫なリップストップ織りのナイロンを表地に使用。

内側にメッシュ・ポケット付き。

風の侵入を防ぐ、柔らかなニット素材のインナーカフ付き。

「ダウン」×「プリマロフト」その構造を断面図で解説!

ダウン層 圧縮と膨張が自在で、暖かな空気をたっぷり貯められるダウン。大き目のパックで外側に。しかも防水ダウン「ハイパードライ」を採用。 プリマロフト層 薄く、軽く、かつ効率的に暖かさを維持できるプリマロフト。小さめのパックで体側に。 中間層 大きさの違うパックが重なることで、間に多くの空間が生まれる。そこに温められた空気が蓄えられ、保温力が増大する。
ダブルウォーム・パファー・ジャケット(全4色) 25,900円 (税込 27,972円 ) ご購入はこちら

タフに着こなしたい、今旬のミリタリー・ダウン。

トレンド感をプラス

たっぷりと暖かな襟のボアや、大容量の腰ポケット、防風効果の高い袖口と裾のリブ使いなどの、ミリタリーウェアならではの機能的なディテールが、そのままファッション・アクセントになったダウン・ジャケット。その、タフな匂いと洒落た雰囲気が、コーディネートを男らしく引き締めてくれます。

マフラーいらずの、
暖かなボア付きの襟。

表地は防水加工ナイロンを
使用。

サイドからも手が入り、ハンドウォーマーにもなるポケット。

ハイパードライ600・ダウン・ボンバー・ジャケット(全2色) 23,900円 (税込 25,812円 ) ご購入はこちら

「水」を克服した最先端ダウン。
『ハイパードライ』。

「水」を克服した最先端ダウン。『ハイパードライ』。

ダウン(羽毛)は実は水が苦手。濡れるとしぼんで保温力が失われ、乾きも遅い。
よって、悪天候下での使用には不向きとされてきた――

「ハイパードライ」は、そんなダウンの弱点をついに克服した、最新テクノロジーの賜物だ。アウトドアでの 不意の雨も、
汗も寄せ付けず、いつでもフワッと乾いて暖か。もちろん、街着にしても心地いい。
さらにこのダウン、環境と動物に優しい、第三者機関で認証された「エシカル=倫
理的」なダウンであるところも現代的である。
機能的な中綿もいいが、やはり天然の温もりにこだわるならば…。
このダウンが、新しく、そして良き選択肢となるだろう。

ダウン(羽毛)は実は水が苦手。濡れるとしぼんで保温力が失われ、乾きも遅い。

希少価値!
防水プレミアム・ダウン「ハイパードライ」とは?

まだ、限られた本格アウトドア・ブランドでしか採用されていない、
世界でも新しい防水プレミアム・ダウン。
ふっくら大きなダウンボールを厳選し、細かな繊毛にまで、
特殊な技術で防水加工を施している。水分を弾いて、濡れてもしぼまず、保温性と軽さが持続。
実験写真を見ると完全に水に浮き、沈まないことが分かる。

「ハイパードライ(HyperDRY)」は「ALLIED Feather & Down」社のダウンです。

希少価値!防水プレミアム・ダウン「ハイパードライ」とは?

環境と動物に優しい
「エシカル=倫理的」ダウンの証明。

近年、大量生産のためのダウンの過酷な採取方法が、世界で問題になっているのを ご存知だろうか。「ハイパードライ」を生産するダウンメーカー 「アライド」社は、そんな暖かさの裏の暗がりに光を当てるべく、 画期的な取り組みを行っている。 それは、使う羽毛を“エシカル=倫理的”なものに限ること ――健全な水鳥の飼育、採取方法から、 環境に配慮した加工方法、輸送ルートまで全て追跡可能にし、 第三機関の監査を通すこと――。 それを証明するもののひとつが「TRACK MY DOWN」。 購入したアウターには1枚ずつQRコードのタグが付いている。それを読み取れば、 使われているダウンの出自が明らかになる仕組みだ※。 環境面にも配慮したクオリティは、心身共に納得できる温もり、 そして優しさを与えてくれるだろう。

※英語のみ  「TRACK MY DOWN(トラックマイダウン)」は、「ALLIED FEATHER & DOWN」社の提供です。

環境と動物に優しい「エシカル=倫理的」ダウンの証明。

『ハイパードライ』
2018年 最新コレクション

『ハイパードライ』 2018年 最新コレクション

普遍の価値が光る、頼れる本命ダウン・コート。

ON&OFFで大活躍

アウターウェアのクオリティに定評のあるランズエンドの中で、長年人気No.1を誇るのがこの形。「ダウン・コート」――その、2018年の新作です。本格アウトドア・ダウンをモデルにしたタフなルックス、だけでなく、中身のダウンもハイクオリティであることが高評価の理由。頼りがいのある“男前”な一着は、ONからOFFまでこの冬も、そしてこれからの冬も長く付き合える、本命アウターになってくれるはずです。

ハイパードライ800・ダウン・コート(全4色)
23,900円 (税込 25,812円 ) ご購入はこちら
普遍の価値が光る、頼れる本命ダウン・コート。

スタイリッシュかつスポーティ。リバーシブル、防水ダウン内蔵。

便利なリバーシブル

スポーツ・ジャケットの永遠の定番をモデルに、大胆にブラッシュアップしました。コーディネートしやすい、シンプルでバランスのよいデザインを生かして、機能的な防水ダウン「ハイパードライ」を内蔵、しかもリバーシブル仕様に。冬のカジュアル・スタイルに、さまざまに活躍します。

ハイパードライ800・リバーシブル・ダウン・ジャケット
25,900円 (税込 27,972円 ) ご購入はこちら

保温力が加速する、「ダウン」×「プリマロフト」

2018年 最暖アウター

自然界最強の保温素材「ダウン」と、テクノロジーから生まれた高機能中綿「プリマロフト」。軽さと暖かさを誇る2大マテリアルを、何と両方使っています。双方の利点を引き立てあって、今年のランズエンド・アウター内で最強の保温力に。厳寒をものともせず、野外でのアクティビティが楽しめます。

「ダウン」×「プリマロフト」その構造を断面図で解説!

ダウン層 圧縮と膨張が自在で、暖かな空気をたっぷり貯められるダウン。大き目のパックで外側に。しかも防水ダウン「ハイパードライ」を採用。 プリマロフト層 薄く、軽く、かつ効率的に暖かさを維持できるプリマロフト。小さめのパックで体側に。 中間層 大きさの違うパックが重なることで、間に多くの空間が生まれる。そこに温められた空気が蓄えられ、保温力が増大する。
ダブルウォーム・パファー・ジャケット(全4色)
25,900円 (税込 27,972円 ) ご購入はこちら

タフに着こなしたい、今旬のミリタリー・ダウン。

トレンド感をプラス

たっぷりと暖かな襟のボアや、大容量の腰ポケット、防風効果の高い袖口と裾のリブ使いなどの、ミリタリーウェアならではの機能的なディテールが、そのままファッション・アクセントになったダウン・ジャケット。その、タフな匂いと洒落た雰囲気が、コーディネートを男らしく引き締めてくれます。

ハイパードライ600・ダウン・ボンバー・ジャケット(全2色)
23,900円 (税込 25,812円 ) ご購入はこちら