2日間限定! 定価商品15%OFF12月2日(水)まで!

キャンペーンコード:1ST詳しくはこちら

キャンバス地のおすすめトートバッグ

風が冷たくなり、だいぶ冬らしさを感じる気候になってきましたが、そんな時期に重宝するのが首元を寒さからガードしてくれる、ファッショナブルなタートルネックです。秋冬のファッションで活躍するタートルネックは、薄手の素材から厚手の素材、ベーシックカラーからビビッドな主役級カラーまで、趣向を変えて何枚でも持っておきたいアイテムです。 そこで今回は、タートルネックを活用した秋冬におすすめのコーディネートをご紹介したいと思います。

秋冬に大活躍のタートルネック

タートルネックは首元を寒さから守ってくれる、秋冬のコーディネートに欠かせないアイテムのひとつです。タートルネックはダークな色彩になりがちな冬の装いの差し色として、ジャケットのインナーとしてドレッシーに着られるほか、太いゲージのセーターならカジュアルに着こなすこともでき、幅広いコーディネートを楽しむことができます。

タートルネックとは?

ランズエンド・タートルネック

襟の部分が首に密着するように高くなっており、首元が隠れ、亀の首のように見えることからタートルネックと呼ばれるようになりました。ハイネックとの違いは襟の長さです。ハイネックは襟の高さがちょうど顎の下あたりになるのに対して、タートルネックは襟がハイネックよりも長く、1、2回折り曲げて着ることが多いのが特徴です。

タートルネックは首元に密着するので保温性が高く、風を通さないので非常に暖かいです。しかし、肌に密着する分、敏感肌の人は化学繊維のタートルネックだと痒みを感じたり赤くなったりすることもあるため、カシミヤやコットンといった天然素材のタートルネックをおすすめします。

タートルネックの歴史は1860年代にメンズ用として作られたのが始まりだと言われています。元々は労働者やスポーツ選手、船員や海軍将校が着ていたものが時代を経て、日本でもブームになったプレッピースタイルで愛用され知名度がアップしました。
最近ではアップルの創設者スティーブ・ジョブズがタートルネックを愛用していたのは有名な話です。

タートルネックとはアメリカで使われている言葉で、イギリスではポロネック、フランスではコル・シュミネと呼ばれています。日本では日本酒が入っている徳利に形が似ていることからトックリと呼んでいました。
以前はタートルネックと言えばカジュアルなイメージでしたが、現在ではヨーロッパ諸国を中心にテーラードジャケットやスーツと合わせればほとんどの高級レストランにも入場可能になり、準フォーマルウエアとしても認められつつあります。

ランズエンド・タートルネック

タートルネックは素材やデザインによって、秋口から春先まで活躍するアイテムです。

例えば日中と朝晩で気温の差が大きい時期には、綿素材のタートルネックをおすすめします。
タートルネック一枚で過ごし、朝晩の冷える時はジャケットやジャンバーなどの上着で調節すると良いでしょう。

寒い時期にはカシミヤやウールの素材を選ぶと、保温性がありとても暖かいです。

首元を温めてくれる人気の素材

寒い冬には、軽くて暖かいカシミヤはマストアイテムです。防寒のためにどうしても重ね着をしてしまいがちな冬は、何枚も着ていると服の重さで肩が凝りやすくなってしまいます。しかし、品質の良いカシミヤのタートルネックはとても軽く、一枚でもとても暖かいので、重ね着する必要がありません。

カシミヤ生地のタートルネック

カシミヤはカシミヤヤギと言うヤギの毛でできており、原産地は主にイラン・中国・モンゴルです。カシミヤヤギの毛は二重構造になっていて、内側の軽い産毛がカシミヤの原料になるのです。
カシミヤの特徴は軽くて柔らかい肌触りで、保湿性と吸水性が高く、汗をかいてもすぐに吸収して発散してくれます。

ランズエンド・タートルネック

ランズエンド・カシミヤ/タートルネック/長袖
21,900円 (税込 24,090円 )

サイズ S M L XL XXL
ネックの高さ 約14.5cm
刺繍・モノグラミング(名入れ)

ランズエンドのカシミヤ・タートルネックはベーシックで飽きのこないデザインです。ジャケットと合わせるとシックに、細身のパンツに合わせるとカジュアルにもなり、着こなしによってガラリと印象を変えてくれるので、コーディネートの幅が広がります。

スーピマ種のタートルネック

スーピマ種とはアメリカのスーピマ協会の商標で、100%アメリカ産のピマ・コットンを使った製品のみが使うことのできる特別な名称です。

ランズエンド・タートルネック

アメリカのアリゾナ州やカリフォルニア州などで栽培されている綿花の中でも最高級の品質を誇るスーピマコットンは、柔らかく滑らかな肌触りが一番の特徴で、肌の弱い人でも安心して使える製品です。

スーピマコットンタートルネックはデザイン性にもこだわり、タイトなシルエットですっきりとした印象を与えます。
上質なスーピマコットンは、同じような種類のコットンタートルネックの中でもワンランク上の装いにしてくれます。

ランズエンド・タートルネック

スーピマ・インターロック/タートルネック/長袖
4,900円 (税込 5,390円 )

サイズ S M L XL XXL
ネックの高さ 13㎝
刺繍・モノグラミング(名入れ)

ランズエンドのスーピマ種のタートルネックは、コットンの中でも最上級のスーピマ種コットンを100%使用しています。インターロックと呼ばれる両面編みで、肌に直接触れる内側の部分まで柔らかく、ディテールまでこだわりぬいた、コストパフォーマンスの良い製品としてお客さまに支持されています。

ランズエンド・タートルネック

スーピマ・インターロック/タートルネック/ポケット付き/長袖
2,500円 (税込 2,750円 )

サイズ S M L XL XXL
ネックの高さ 14㎝
刺繍・モノグラミング(名入れ)

ランズエンドのスーピマ種のタートルネックは、コットンの中でも最上級のスーピマ種コットンを100%使用しています。インターロックと呼ばれる両面編みで、肌に直接触れる内側の部分まで柔らかく、ディテールまでこだわりぬいた、コストパフォーマンスの良い製品としてお客さまに支持されています。

ヤク生地のタートルネック

チベットの標高3000mを超える高地に生息するウシ科のヤク1頭から、1年でわずか100gしか取れない柔らかい産毛を手作業で選別します。
ヤク生地の特徴は防水性が高く、弾力性が強いのにシワになりにくい点です。また、しなやかで光沢があり、摩擦に強く毛玉になりにくいため丈夫で長持ちします。
またヤクは保温性が高く、ムレにくいことからカシミヤに匹敵する高級天然素材と言われています。

ランズエンド・タートルネック

ヤク・ブレンド・ハニカムニット・タートルネック/長袖
5,900円 (税込 6,490円 )

サイズ S M L XL XXL
ネックの高さ 14.5㎝
刺繍・モノグラミング(名入れ)

ランズエンドのヤク・ブレンド・ハニカムニット・タートルネックは希少価値の高いヤクの毛を10%使用し、高品質のウールやコットンをブレンドして編み上げたタートルネックです。優しい肌触りで首元からしっかりと暖めてくれます。
デザインは秋冬のトレンドであるゆったりとしたシルエットで、この冬大活躍しそうな一枚です。

メンズおすすめのタートルネックのコーディネート

アウターとの合わせ方

ランズエンド・タートルネック

タートルネックは合わせるアウターによって印象が変わります。
スーツやジャケットのインナーとして着ると準フォーマルに、ジャンバーやダウンジャケットなどに合わせるとカジュアルになります。

また、タートルネックのカラーによっても雰囲気がガラリと変わり、白のタートルネックでは上品で洗練された着こなしに、黒のタートルネックはシックな大人の装いになります。
ランズエンドのタートルネックはカラーバリエーションが豊富で、アウターと同系色にまとめて統一感のあるコーディネートにできるほか、ワンポイントカラーとしても使えるので、コーディネートが物足りない時に、取り入れてみてはいかがでしょうか?

ネックラインの折り方

ランズエンド・タートルネック

基本的なネックラインの折り方は1、2回折り返すのが一般的です。
それ以上折り返すと首元がモコモコとして太く短く見えてしまいます。
顔周りをすっきりと見せるためには、首の付け根の部分が見えるように折るとよいでしょう。


チャコールヘザーのジャケットに、ビキューナヘザーのカシミヤ・タートルネックを合わせたコーディネートです。
今までのコーディネートとはひと味違った雰囲気を演出してくれます。

ランズエンド・タートルネック ランズエンド・タートルネック

コーディネートのポイントは、ダークな色合いになりがちな冬場の装いに差し色として優しいベージュ系を入れることで、明るい雰囲気を醸し出してくれます。加えて、体にフィットしすぎず、ざっくりとした素材感がカジュアルな雰囲気を演出しています。

 細身のスキニーパンツと少し大きめのタートルを合わせてすっきりとしたIラインシルエットを作ることができます。

その上に長めのチェスターコートを羽織ればYラインシルエットに変わり、Yラインはがっちりとした体型のカバーにも最適です。

「自分には似合わない?」タートルネック選びのポイント

ハイゲージのタートルネックは上品で洗練された印象を与えられるので、ビジネスなどのオフィシャルな場所にはおすすめです。

プライベートでカジュアルに着こなしたい場合は、ローゲージのざっくりとしたタートルネックがおすすめです。
ローケージは程よく抜け感があり、そのラフな感じが今っぽく見せてくれます。

タートルネックが似合う人・似合わない人

ランズエンド・タートルネック ランズエンド・タートルネック

タートルネックが似合う人は、首が長い・やせ型・背が高いといった特徴を持つ人です。

反対にタートルネックが似合わない人としてあげられる、エラが張っている・筋肉質な体型・肩幅が広いなどの特徴を持つ人は、フィット感のあるタートルネックを着ると強調されてしまいます。
首が太い、あるいは短い人は、ローゲージでボリュームのあるタイプを選ぶと目立たなくなります。

タートルネックの選び方

ランズエンド・タートルネック ランズエンド・タートルネック

タートルネックをどんな風に着こなせばいいのかわからない場合は、ハイゲージ・ローゲージ問わず、シンプルなデザインを選び、カラーも黒・白・ネイビー・グレーといったベーシックな色を揃えると良いでしょう。
シンプルなものは1枚でもインナーとしても重宝し、ヘビーローテーションになること間違いなしです。