5日間限定! 定価のアウターウェア25%OFF12月16日(月)まで

キャンペーンコード:WINTER詳しくはこちら

服の力で冬を変える

この中に、未知の快適。新素材がひらく、
次世代アウターウェアの世界へ!

商品開発ラボからレポート

  • 服の力で冬を変える メンズアウターウェア特集
  • 服の力で冬を変える メンズアウターウェア特集

これはもう“未来服”。
全天候を快適化。

着るだけで、温度・湿度を一定コントロール。

もう、天候に左右されない。温度・湿度を一定コントロールする、最新の機能素材から誕生したアウターウェア──それが「ジオ・ローバーPCMコート」。アメリカ、月面探査のための技術開発からはじまった、2019年についに出会う“未知の快適”のかたちがコレだ。

「耐水圧10,000mm
透湿度15,600g/m²・24hr
これ、登山用テント並みです」
厳しい野外環境でも耐えうるスペック。雨や雪、風は表面のフッ素コーティングでブロックし、内部の不快な湿気は裏面の“膜”を通して外に放出させる、特殊な3層構造素材「ハイパーボーラ」を採用しました。
「この薄いシートが内部を適温に
コントロールします」
シートに仕込まれた
マイクロカプセル内の物質が、
温度に応じて変化。
名前は「コンフォテンプ」。シートの中に仕込まれた目に見えない無数のマイクロカプセルが、寒い時には熱を放出し、暑い時には吸熱。ヒトが心地よいと感じる適温にコントロール。ちなみにカプセルはその数何と、1平方cm内に200万個! 「軽量780gにまとめました」
(Mサイズ)

旅先などで、長時間着続けても ストレスのない軽やかさです。
「スムーズに腕が上がります」
袖下から脇、裾までひとつながりになった「モーションスリーブ」仕様で、突っ張りません。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。フロントは、ジッパーの上を比翼で留める二重仕様。雨風が入りにくく、スタイリッシュな印象です。
「合計9ポケット。手ぶら外出OKです」
雨が当たりやすい胸には止水ポケット。左袖の小型ポケットはICカード入れに。他に、内外に大型ポケットが。
「私たちがまず、その機能性に驚いた、自信作の完成です」
ジオ・ローバーPCMコート ジオ・ローバーPCMコート

防水力No.1。
雨中でも軽さ、暖かさ、持続。

水に強い2素材の、理想的コンビネーション。

とにかく、雨からの防御ならこの一着。表地に防水・透湿素材を使用。中綿は、水に強い「プリマロフト」を使用。元々、水に弱いダウン(羽毛)に変わる冬用ウェアとして、1980年代に米軍が開発したそれは、過酷な状況下でも機能を発揮。冬の悪天候に打ち勝てる。

「“ダウン超え”の進化系中綿で、水と寒さから守ります」
この中綿の特徴は、約1cmの分離した形状。普通の板状の中綿とは違い、ダウンのようなボリューム感と保温力を持ちながら、水に強い。雨の中でも軽くふくらんで、暖かです。
「しっかり防水。そして内部の不快な湿気は外へ」
耐水圧10,000mm、透湿度15,600g/m²・24hrの、登山用テント並みの防水・防風性、そして透湿性を備えた「ハイパーボーラ」を採用しています。
「長め丈でスタイリッシュ」
無駄のないデザインの、長めの丈に仕上げました。スーツとも好相性です。
「合計7つの機能的なポケット」
物が落ちにくい、ジッパーやスナップ付きのポケットを内外に装備しています。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。 腰にドローコード入り。シルエットを調節し、防風性を高める効果もあります。 「細部からも雨風を防ぎます」 フロントは、ジッパーの上を比翼で留める二重仕様。雨風が入りにくく、スタイリッシュな印象です。 袖口の中に、柔らかくフィットするニット素材のインナーカフスを付けました。 「通勤ならコレがおすすめ。シャープに決まるデザインも魅力です」
ウォータープルーフ・コミューター・コート ウォータープルーフ・コミューター・コート

休日×仕事、双方向。1着で2倍使える。

高機能、だけじゃない。着回し力で冬を制する。

長い冬を乗り切れる、頼れる一着を選ぶなら。確かな機能性はもちろん、迷わず“あれこれ着られる”ことも重要ポイント。表と裏、印象を変えて着こなせるリバーシブル仕様のこのコートなら、休日にも仕事にもマッチ。最も出番の多い、万能選手になりそうだ。

「シンプルな表面は仕事に、
カジュアルな裏面は休日に◎」

裏面にのみ、ボリュームを出すステッチを入れました。同じコートでも、2通りの印象で着こなせます。
「保温力が高く、水に強い、
進化系中綿を採用」

ダウンのようなボリューム感と保温力、軽さが、悪天候でも持続。高機能中綿「プリマロフト」の新シリーズ「サーモプリューム」を内蔵しています。
「表裏どちらにもポケット付き」
腰ポケットが、両面に。表側は目立たずスマートなジッパー仕様です。
「フードを外して着用可能」
外すとすっきりした印象に。蓋状のスリットの中に、ジッパーを隠せます。
「表裏ともに、防水素材を採用」
雨天時の着用も安心。どちらの面を着ても、しっかり水をはじきます。
「2倍使えて、このプライス。コストパフォーマンスも優秀です」


サーモプリューム・リバーシブル・コート サーモプリューム・リバーシブル・コート

高品質かつ高機能。
天然“防水”ダウン。

冬の王道アウター「ダウン」も、新しい時代へ。

機能素材の勢いが増しているとはいえ、やはり天然素材、ダウンがくれる安心感、上質感を愛する男は多い。しかし、ダウンのほうも年々進化中。水濡れの弱さを克服した“防水ダウン”も誕生した。快適さに、高品質の満足感をもまといたいなら、この一着の選択を。

「高品質800FP、ダウン比率90%。しかも先進の“防水ダウン”」
特殊技術で、細かな繊毛にまで防水加工。最大の弱点“水”を克服した、湿気でしぼまないダウン。しかも羽毛自体もプレミアム。800フィルパワー、ダウン比率90%と、高品質で保温力が高いものを採用しています。
「日本の冬に合う。
最適なボリューム感に仕上げました」

分厚すぎず、着こなしやすいボリュームにこだわりました。ダウンが高品質だから、薄くても保温力は確かです。
右が通常のダウン、左が防水ダウン「ハイパードライ」。
水を吸わずに、浮いているのが分かる。
「環境と動物への配慮も忘れず」
このダウンを作る「アライド」社は、倫理的な羽毛の採取を表明、第三者機関で認証されています。自分が買ったダウンがどこから来たのか、WEB上で調べられますよ。
「防水ストレッチ素材で快適」
高い防水性に、高い伸縮性も備えた機能素材を使用。ストレスフリーです。
「合計6つの機能的なポケット」
物が落ちにくい、ジッパーやスナップ付きのポケットを内外に装備しています。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。 腰にドローコード入り。シルエットを調節し、防風性を高める効果もあります。 「天然羽毛のよさも、やっぱり魅力。新時代のダウンコートを目指しました」
ハイパードライ800・ストレッチ・ダウン・コート ハイパードライ800・ストレッチ・ダウン・コート

日本の男たち、限定。
都会派「スクオール」。

高機能中綿「サーモプリューム」で進化。

ヨットパーカを原点にした、ランズエンドの代表作「スクオール」を、タフな防水・防風性はそのままに、日本のライフスタイルに合わせて軽快にアレンジした日本限定モデル。日本ランズエンド25周年を記念した、今しか出会えない、限定アイテム。

ー日本ランズエンド25周年記念モデルー

「オリジナル「スクオール」と同素材を使用しています」
頑丈で、優れた防水・防風性能。長年支持され続ける「スクオール」のオリジナル素材です。
「中綿は特別に
「サーモプリューム」を採用しました」

オリジナルの「スクオール」は、フリースと定番中綿のコンビ。こちらはランクアップして、暖かくて水に強い進化系中綿「プリマロフト・サーモプリューム」内蔵です。
「特別記念ラベル付き」
日本25周年のメッセージ入りラベルを内側に。漢字のあしらいがポイント。
「リブニットにライン入り」
こちらも特別仕様。襟、袖口、裾のリブニットを、スポーティな印象に。
「日本のお客様の好みを反映して、伝説の一着をアレンジしました」
25周年記念・スクオール・シティ・ジャケット 25周年記念・スクオール・シティ・ジャケット

服の力で冬を変える

この中に、未知の快適。新素材がひらく、
次世代アウターウェアの世界へ!

商品開発ラボからレポート

服の力で冬を変える ランズエンド メンズ アウターウェア

これはもう“未来服”。
全天候を快適化。

着るだけで、
温度・湿度を一定コントロール。

もう、天候に左右されない。温度・湿度を一定コントロールする、最新の機能素材から誕生したアウターウェア──それが「ジオ・ローバーPCMコート」。アメリカ、月面探査のための技術開発からはじまった、2019年についに出会う“未知の快適”のかたちがコレだ。

「耐水圧10,000mm
透湿度15,600g/m²・24hr
これ、登山用テント並みです」
厳しい野外環境でも耐えうるスペック。雨や雪、風は表面のフッ素コーティングでブロックし、内部の不快な湿気は裏面の“膜”を通して外に放出させる、特殊な3層構造素材「ハイパーボーラ」を採用しました。
「この薄いシートが内部を適温に
コントロールします」
シートに仕込まれた
マイクロカプセル内の物質が、
温度に応じて変化。
名前は「コンフォテンプ」。シートの中に仕込まれた目に見えない無数のマイクロカプセルが、寒い時には熱を放出し、暑い時には吸熱。ヒトが心地よいと感じる適温にコントロール。ちなみにカプセルはその数何と、1平方cm内に200万個! 「軽量780gにまとめました」
(Mサイズ)

旅先などで、長時間着続けても ストレスのない軽やかさです。
「スムーズに腕が上がります」
袖下から脇、裾までひとつながりになった「モーションスリーブ」仕様で、突っ張りません。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。フロントは、ジッパーの上を比翼で留める二重仕様。雨風が入りにくく、スタイリッシュな印象です。
「合計9ポケット。手ぶら外出OKです」
雨が当たりやすい胸には止水ポケット。左袖の小型ポケットはICカード入れに。他に、内外に大型ポケットが。
「私たちがまず、その機能性に驚いた、自信作の完成です」
ジオ・ローバーPCMコート ジオ・ローバーPCMコート

防水力No.1。
雨中でも軽さ、暖かさ、持続。

水に強い2素材の、
理想的コンビネーション。

とにかく、雨からの防御ならこの一着。表地に防水・透湿素材を使用。中綿は、水に強い「プリマロフト」を使用。元々、水に弱いダウン(羽毛)に変わる冬用ウェアとして、1980年代に米軍が開発したそれは、過酷な状況下でも機能を発揮。冬の悪天候に打ち勝てる。

「“ダウン超え”の進化系中綿で、水と寒さから守ります」
この中綿の特徴は、約1cmの分離した形状。普通の板状の中綿とは違い、ダウンのようなボリューム感と保温力を持ちながら、水に強い。雨の中でも軽くふくらんで、暖かです。
「しっかり防水。そして内部の不快な湿気は外へ」
耐水圧10,000mm、透湿度15,600g/m²・24hrの、登山用テント並みの防水・防風性、そして透湿性を備えた「ハイパーボーラ」を採用しています。
「長め丈でスタイリッシュ」
無駄のないデザインの、長めの丈に仕上げました。スーツとも好相性です。
「合計7つの機能的なポケット」
物が落ちにくい、ジッパーやスナップ付きのポケットを内外に装備しています。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。 腰にドローコード入り。シルエットを調節し、防風性を高める効果もあります。 「細部からも雨風を防ぎます」 フロントは、ジッパーの上を比翼で留める二重仕様。雨風が入りにくく、スタイリッシュな印象です。 袖口の中に、柔らかくフィットするニット素材のインナーカフスを付けました。 「通勤ならコレがおすすめ。シャープに決まるデザインも魅力です」
ウォータープルーフ・コミューター・コート ウォータープルーフ・コミューター・コート

休日×仕事、双方向。1着で2倍使える。

高機能、だけじゃない。着回し力で冬を制する。

長い冬を乗り切れる、頼れる一着を選ぶなら。確かな機能性はもちろん、迷わず“あれこれ着られる”ことも重要ポイント。表と裏、印象を変えて着こなせるリバーシブル仕様のこのコートなら、休日にも仕事にもマッチ。最も出番の多い、万能選手になりそうだ。

「シンプルな表面は仕事に、カジュアルな裏面は休日に◎」
裏面にのみ、ボリュームを出すステッチを入れました。同じコートでも、2通りの印象で着こなせます。
「保温力が高く、水に強い、
進化系中綿を採用」

ダウンのようなボリューム感と保温力、軽さが、悪天候でも持続。高機能中綿「プリマロフト」の新シリーズ「サーモプリューム」を内蔵しています。
「表裏どちらにもポケット付き」
腰ポケットが、両面に。表側は目立たずスマートなジッパー仕様です。
「フードを外して着用可能」
外すとすっきりした印象に。蓋状のスリットの中に、ジッパーを隠せます。
「表裏ともに、防水素材を採用」
雨天時の着用も安心。どちらの面を着ても、しっかり水をはじきます。
「2倍使えて、このプライス。コストパフォーマンスも優秀です」


サーモプリューム・リバーシブル・コート サーモプリューム・リバーシブル・コート

高品質かつ高機能。
天然“防水”ダウン。

冬の王道アウター「ダウン」も、
新しい時代へ。

機能素材の勢いが増しているとはいえ、やはり天然素材、ダウンがくれる安心感、上質感を愛する男は多い。しかし、ダウンのほうも年々進化中。水濡れの弱さを克服した“防水ダウン”も誕生した。快適さに、高品質の満足感をもまといたいなら、この一着の選択を。

「高品質800FP、ダウン比率90%。しかも先進の“防水ダウン”」
特殊技術で、細かな繊毛にまで防水加工。最大の弱点“水”を克服した、湿気でしぼまないダウン。しかも羽毛自体もプレミアム。800フィルパワー、ダウン比率90%と、高品質で保温力が高いものを採用しています。
「日本の冬に合う。
最適なボリューム感に仕上げました」

分厚すぎず、着こなしやすいボリュームにこだわりました。ダウンが高品質だから、薄くても保温力は確かです。
右が通常のダウン、左が防水ダウン「ハイパードライ」。
水を吸わずに、浮いているのが分かる。
「環境と動物への配慮も忘れず」
このダウンを作る「アライド」社は、倫理的な羽毛の採取を表明、第三者機関で認証されています。自分が買ったダウンがどこから来たのか、WEB上で調べられますよ。
「防水ストレッチ素材で快適」
高い防水性に、高い伸縮性も備えた機能素材を使用。ストレスフリーです。
「合計6つの機能的なポケット」
物が落ちにくい、ジッパーやスナップ付きのポケットを内外に装備しています。
「機能と美しさを両立しました」
着脱可能のフード。取った後のジッパーを隠せる、蓋状のスリットが付いています。 腰にドローコード入り。シルエットを調節し、防風性を高める効果もあります。 「天然羽毛のよさも、やっぱり魅力。
新時代のダウンコートを目指しました」
ハイパードライ800・ストレッチ・ダウン・コート ハイパードライ800・ストレッチ・ダウン・コート

日本の男たち、限定。
都会派「スクオール」。

高機能中綿
「サーモプリューム」で進化。

ヨットパーカを原点にした、ランズエンドの代表作「スクオール」を、タフな防水・防風性はそのままに、日本のライフスタイルに合わせて軽快にアレンジした日本限定モデル。日本ランズエンド25周年を記念した、今しか出会えない、限定アイテム。

「オリジナル「スクオール」と同素材を使用しています」
頑丈で、優れた防水・防風性能。長年支持され続ける「スクオール」のオリジナル素材です。
「中綿は特別に
「サーモプリューム」を採用しました」

オリジナルの「スクオール」は、フリースと定番中綿のコンビ。こちらはランクアップして、暖かくて水に強い進化系中綿「プリマロフト・サーモプリューム」内蔵です。
「特別記念ラベル付き」
日本25周年のメッセージ入りラベルを内側に。漢字のあしらいがポイント。
「リブニットにライン入り」
こちらも特別仕様。襟、袖口、裾のリブニットを、スポーティな印象に。
「日本のお客様の好みを反映して、伝説の一着をアレンジしました」
25周年記念・スクオール・シティ・ジャケット 25周年記念・スクオール・シティ・ジャケット